除菌と保湿でニキビケア

 私はニキビが出来て来たら、まず除菌と保湿を徹底的にするようにしています。 除菌のためには、ニキビ跡治療専用のクレンジングや洗顔料の他にも、クレイパックや酵素洗顔、酵素マスク等を活用していつも以上に朝晩の洗顔を丁寧にしています。

 

 そうしてしっかり洗い上げた後には、ニキビケア専用の美容液を患部に塗って、その上から化粧水を2,3回重ね浸けして、さらに保湿系の美容液とクリームを塗ってケアしています。 いつもだったら夜のスキンケアの仕上げにオリーブオイルやアルガンオイル、馬油等のオイル系美容液をたっぷり浸けてカバーするのですが、ニキビが出来ている時には、オイル系のスキンケア製品を使用するのは避けています。

 

 それはニキビには保湿が大事でも、オイル成分だとべたつくからかえってニキビを悪化させる原因になると思っているからです。 あとはひたすら家の中のベッドの下や押し入れの中、テレビの下といった普段掃除しない部分までしっかりと埃を取り除いたり、布団カバーや枕カバーを洗濯したり、布団を干してダニを除去していく努力をしています。

 

 ダニって実は人間の皮膚の中にも生息するらしいから、それがニキビの大きな原因になっている場合も多いのです。 特に毛が生えたペットを飼っている家にはダニも多く生息している可能性た高いから、掃除機をまめにかけてしっかりと掃除する必要があるらしいです。 ニキビケアにはフェイシャルケアだけでなく、こういった住宅環境を清潔に整える事も大事なのでした。

 

女性

 

ニキビができやすい肌の改善

私も以前はニキビで相当悩んでいました。そこで使用したのが、プロアクティブの洗顔料です。よくCMなどでも耳にして気になっていたので使ってみました。他の洗顔とどう違うのか良く分からず、内心は懐疑的でしたが、使い始めて効果が出ました。

 

お尻ニキビができて、いつも赤みがかっていた皮膚の部分や、ポツポツが和らぎました。大体使い始めて1〜2週間といったところです。使っていても、特に違和感や肌への刺激といったものもなく、使いやすいものでした。にきびが安定して治り始めてからは、プロアクティブの化粧水に変えて予防をしました。

 

洗顔に使っている石鹸は、弱酸性の肌に優しいと謳われているものを使用するようにしています。生活習慣や、腸内環境もニキビにダイレクトに影響を及ぼすという情報を得て、それらにも気を使うようにしています。睡眠不足に陥らないよう、また生活リズムが乱れないように規則正しい生活を心がけ、腸で乳酸菌が働くという飲料や刺激の少ない食べ物を日常で選んで食べるなどです。

 

これらを無理のない範囲で日常に取り入れ、普通に生活してるだけでほとんどにきびの悩みはなくなりました。一端できてしまうと、どうしても気になっていじってしまったり、治るまで意識してしまってストレスになります。それが嫌だったので、一端にきびが治まってからは、なるべくこれ以上増えないような対処方法をたくさん調べました。そして効果がありそうなことを試しました。ニキビ跡消えるのには大変時間がかかりますね。

 

ニキビ洗顔石鹸ノンエーを使った感想はこちら